イギリスの学校制度と教育を知る

【日本】仙台育英学園高校「英国進学コース・BTEC」を2022年に開始

専門的な分野を深く学ぶことができるのが海外の教育制度。

全ての科目を普通レベル以上に理解することが求められる日本の教育制度では普通のレベルまでは達成できたとしても突き抜けて優れた学習は一般の学校では受けることはできません。

 

そんな中注目されているのが海外の教育制度。

ここ数年で一気に学校数が増えることで注目されている英国の教育制度です。

イギリスの教育では特定科目に優れていることが良しとされ、自分の特技を伸ばすことに集中して時間を使うことができます。それにより特定の科目でより専門性の高い知識を持つ生徒が育ち、大学の専門課程に進学するチャンスが高くなります。

近年、日本やアメリカでは様々な科目の知識を学ぶリベラルアーツが注目されていますが、それとは真逆な教育制度とも言えるのでどちらが自分に合うのか見極める必要がありますが、ひとつの科目に集中したいと考えている人にはおすすめの制度かもしれません。

イギリスのBTECを導入した教育が日本ではじめてスタートすることになりました。

導入するのは仙台育英学園、同校はIBを導入している高校として知られていますがBTECを導入することで専門的に学びたいと考える学生が進路を選ぶことができるようになります。

 

仙台育英学園高校

BTECプログラム

BTECプログラムとは(Business and Technology Education Councilの略)で英国ピアソン社が実施しているカリキュラムです。

  • 定員    20名
  • コース   スポーツビジネス・管理(英国進学コース)
  • 2022年4月 試験導入
  • 2024年   本格導入

仙台育英学園 ホームページ

 

特科したプログラムになるので卒業後はイギリスへの進学を希望する生徒が受講することが望まれています。