日本

【日本】20年ぶりに日本に高等専門学校が開校

2023年4月、徳島県神山町に私立のボーディングスクール「神山まるごと高等専門学校(仮)」が開校を目指し2021年11月1日に文部科学省に認可を申請しました。

この申請が通れば約20年ぶりに日本に高専が誕生することになり、この2-3年のうちに日本に開校する英国老舗インターナショナルスクールと優秀な学生の取り合いが起こり受験合戦がおもしろくなりそうです。

日本の優秀な学生は海外大学へ進学し研究拠点を海外に移すことが主流となり、日本人ノーベル賞受賞者も海外移住を選択たりと日本の知能流出が心配されています。

日本の優秀な学生が日本に残る選択をするのか、海外の大学を選ぶのかこれから流れが変わってくるかもしれません。

 

神山に新規開校予定の高等専門学校その概要は?

現在、大注目されている神山高専。

すでに21名の実力ある教員を確保しているそうです。

開講に備えた資金はふるさと納税などをはじめ21億円がすでに資金調達できており、開校に向けてのスケジュールと準備は完全にできており最後の砦の文科省の認可のみとなっています。

これまでの高専はIT系、工学が中心でしたが、新規開校の神山高専ではソフトウエアを中心としたテクノロジーやウェブサービスの軸となるUI、アートに関連するデザイン教育を通し「世界を変えていける人材の育成」を目標としています。

開校スケジュール

開校 2023年4月1日(予定)
場所 徳島県名西郡神山町神領西上角175-1
定員 1学年40名(全寮制)
カリキュラム テクノロジーとデザイン、アントレプレナーシップ

学校ホームページ