【カナダ】都市部より地方がおすすめ! 学費が安いカナダの大学3選

日本人に人気の留学先、カナダ。

カナダの大学は様々な分野を更に細かく専門的に学ぶことができるプログラム数が多いことから社会人になった後でもう一度大学を目指す人の留学先としても人気です。

またアメリカの大学に留学するよりは費用を安く抑えられるので、留学先の候補にカナダを検討する人も多いようです。

そんなカナダですが、いざ探してみると大都市のトロントやバンクーバーにある有名大学は年々学費があがり今やアメリカより安いとは一概には言えなくなっています。

じゃあ、カナダ留学は無理なの? と諦める前に他の地方都市を探してみませんか?

地方都市は不便なのでは?、知ってる都市じゃないと心配などの不安がある人も多いでしょう。

しかし地方都市ならではの利点がいくつかあります。

地方の大学は日本人留学生が少なく日本語を話す機会が強制的になくなり英語力がつきやすく現地に馴染みやすいとも言えます。

カナダで年間授業料が100万円以下で通える比較的学費の安い大学を紹介します。

BRANDON University ブランドン大学

ブランドン大学

ブランドン大学はカナダのマニトバ州にある大学です。

州の中心地から少し離れたところにある小さな大学で、元々はバプテスト(キリスト系)のカレッジとして設立されましたが、現在は総合大学になりました。

学生数は3000人と少なく、教授一人に対しての学生数が少ないので手厚い指導を受けることができるという小さい学校ならではの利点があります。

CANADIAN MENNONITE University カナディアン・メノナイト大学

カナディアン・メノナイト大学

カナディアン・メノナイト大学はカナダのマニトバ州ウィニペグにある大学です。

こちらもキリスト系のカレッジでブランドン大学よりも宗教色が強くなります。

日本人には少し馴染みのない環境になるのでそれに対応できる人なら学費が安くておすすめです。

MEMORIAL University of NEWFOUNDLAND ニューファンドランド・メモリアル大学

ニューファンドランド・メモリアル大学

 

ニューファンドランド・メモリアル大学はニューファンドランド・ラブラドール州にあるカナダの大学です。

18,000人ほどの学生が通う大学でそのうち3000人弱の15%が留学生です。

日本の大学と提携していて交換留学で訪れる日本人も多くいるので他2校と比べて馴染みやすいかもしれません。

学部によっては高い英語力を証明する必要がありますが、メモリアル大学には付属の英語コースがあるので英語力が充分ではない場合には語学コースから留学することも可能です。

 

留学先の大学選びは慎重に

海外留学に授業料はとても重要な選択項目ですが、授業料と科目だけで大学選びをすると入学後の海外生活が充実しないこともあります。

どの街に住むかでその国の印象も変わりますし、興味のない科目を選べば大学に通うことが嫌になってしまいます。

また選んだ学部と講義の組み合わせ次第では年間学費が100万円を越えますので事前に充分なシュミレーションをする必要があります。思ってたより高ったとならない為にも大学選びと科目選びは慎重に検討しましょう。

Post Author: worldstudy