ヨーロッパ 大学 学校

海外の大学に進学したい!ヨーロッパEUを留学先に選ぶ理由

日本ではまだまだ知られていませんがヨーロッパの大学は学力レベルが高く世界ランキングにランクインする大学が数多くあります。

日本の大学は世界ランキングにランクインするのは東京大学か京都大学の2校ぐらいで日本の教育はまだまだ世界レベルではありません。

EU以外からの留学生も多く世界中から毎年100万人ほどの留学生が進学しています。日本大学は世界に通用しない学力レベルで学費が高いのでそれならば海外で学ぼうと考える人が増えています。EUの大学は学力レベルが日本より高いのに実は学費は日本より安いんです!世界を目指してみましょう。

EUの教育について

EU加盟国は現在46ヵ国。

人、物、資本、サービスの移動を自由にしているEUでは教育も均一化する対策が取られています。

大学の学位は学士、修士、博士を同等水準にしていることから入学要件もわかりやすく他国から留学しやすいことが留学生が多い理由です。また卒業後の進路もEU全体で検討することがしやすいので雇用の機会も多くなります。

編入、編学について

EU圏内の大学移動は単位互換システム「ECTS(European Credit Transfer System)」という制度があるので取得した単位を生かして編学することが可能です。

EU圏内の移動費が安い

EUは人の移動やサービスを自由にできるようになっていることからEU圏内の国の移動は楽な上、格安な移動手段が複数選べます。格安航空券や格安バス、鉄道も学生は安く利用できるので気軽に他の国に旅行に行ったり様々な文化に触れることが金銭的にも容易にできます。

金銭面での負担が少ないことは留学生が様々な事にチャレンジしやすい環境と言えるでしょう。

最大の魅力は格安な学費

EU圏内の学生は学費がゼロなことは有名ですが、外国人に対しても安い学費で通学することが許可されています。

北米や英国、オーストラリアに留学するとなると、年間で最低でも400万円から600万円ぐらいは必要になりますが、ヨーロッパならその半額以下に抑えることも可能です。

またアメリカやカナダのように大学一年目を教養課程に費やす必要はなく、一年目から本格的な研究がはじまります。一年目からひとつの学部に集中することができるので3年で学士課程を終えることができ、トータルの留学費用を安く抑えることも可能かも知れません。

学ぶ言語は?

EUではそれぞれの国で違う言語が使われています。

生活する上では現地の言葉が必要になる場面も多くあると思いますが、大学の授業は現地語だけに限らず英語のコースがある大学もあります。

英語で学べるコース、ドイツ語コース、スペイン語コース、イタリア語コース、様々な言語で講義が行われています。

大学がある国の言語で行われる授業が多くを占めていますが、英語で学べるコースがある大学もあるので日本人が目指すなら英語の学部コースを探すといいでしょう。

英語のレベル

IELTS 6.0 -6.5

TOEFL ibT 80 – 100点

英語力が足りない場合はいくつかの順序を経て大学に進学することもできます。

  1. 語学学校
  2. ファウンデーションコース
  3. 大学の学部へ進学

EUのトップ大学

アムステルダム大学(オランダ)

ヘルシンキ大学(フィンランド)

ミュンヘン大学(ドイツ)

カロリンスカ大学(スウェーデン)

をはじめ世界ランキングトップ100にEUから20の大学がランクインしています。

(Visited 1 times, 1 visits today)