日本の学校制度一条校のIBとインターナショナルスクールのIBの違い

【日本】大学図書館の本や博士論文を閲覧入手する方法

大学卒業後に博士論文を閲覧したい時どうすればいいでしょうか?

在学中は自由に大学の図書館やコンピュータールームから閲覧することができましたが、卒業後は簡単に検索はできません。

好きな時間にオンラインで閲覧できるサービスを紹介します。もちろん海外からも閲覧可です。

社会に出てから必要な知識や再確認したい情報がありますよね。ぜひ活用下さい。

 

1、国立国会図書館

日本国内の博士論文は国立国会図書館のリサーチサービスで閲覧することができます。

こちらは原則印刷物ではなくインターネットで閲覧するのみです。

国立国会図書館にアクセスし論文を検索することができ、デジタル、紙ベース、画像全ての閲覧が可能です。

https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/

 

検索方法

  1. 博士論文(著者名、論題で検索)
  2. 学位授与年数(出版年で検索)
  3. 報告番号(甲第○○号で検索)

 

2、国立国会図書館デジタルコレクション

国立図書館で保管されているデジタル資料を閲覧することができます。

博士論文、図書、雑誌、古典籍等が公開されています。

https://dl.ndl.go.jp/

 

3、国立情報学研究所

日本の博士論文をデータベースで検索できるサービスです。

論文のタイトルや著者で検索したり、大学図書館の本の閲覧も可能です。

 

日本の論文を探す

https://ci.nii.ac.jp/ja

日本の博士論文を探す

https://ci.nii.ac.jp/d/?l=ja

大学図書館の本を探す

https://ci.nii.ac.jp/books/?l=ja