セントラルパーク アメリカ

【アメリカ】2021年に学生ビザの申請が可能な学校と要項

新型コロナウィルスの拡大により2020年はアメリカ留学を諦めた人が多い一年になりました。

2021年に入りアメリカではワクチン接種が進み、現在は基本的にアメリカは学生ビザの申請を受け入れています。

渡航の際にはワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明書の提示が必要になっています。また州によっては自己隔離期間の違いやマスク着用の義務などがありますのでご注意下さい。

 

学生ビザの申請が可能な学校

大学学校
大学院留学
高校留学
専門学校留学
語学留学

※インターンシップは一部で再開

現在アメリカの学校では一部学校再開、大学などでは継続してオンラインラーニングが行われているところですが、2021年秋からは全ての学校で対面授業を再開する予定で動いています。

大学の学生にワクチン接種を義務づける動きもありますが、日本政府はこれに対応できるように準備をしている最中ですので今秋の留学は実現可能になっています。

ワクチン接種がまだでも陰性証明証で渡航しアメリカでワクチンを接種することも可能ですので、留学を待ち望んでいた人は留学準備を再開しましょう。

アメリカの中でもハワイ州ではハワイ州指定の病院で陰性証明書を取ることで到着後の自己隔離が免除されることになっています。語学留学も可能になってきていますので、失われた一年を取り戻すため、多くの人がアメリカ留学に動きそうです。

しかしこれもいつまた状況が変わるかわかりませんので、動ける人は今すぐ行動しましょう。

(Visited 15 times, 4 visits today)