世界大学ランキング海外の芸術系大学でアートとデザインを学ぶ

【イギリス】ロイヤル・カレッジ・オブ・アートが新キャンパスをオープン

1937年に開校したイギリスの名門校「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」がロンドンのバタシー地区に新校舎をオープンしました。

美術大学らしく設計を担当したのは、プリッカー賞を受賞した建築家ヘルツォーク&ド・ムーロン。約216億円の資金が投じられ新設された校舎は美術大学にふさわしい美しい校舎で早くも観光名所になりつつあります。

新校舎は主に同大学の大学院として使用される予定で、STEAM(科学、技術、工学、芸術、算数)に焦点を当てたものになっています。

 

近年急速に注目されるようになったSTEAMはこれからの世代に最も重要な教育です。

地球の未来のための世界的な取り組みSDGsもこのSTEAMのトップ大学で行われる様々なコラボレーションが牽引しており、同大学でも頭脳と芸術をスタートアップ企業への支援につなげることに注力していくとしています。

 

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート ROYAL COLLEGE of ART

学校所在地

Registered Office: Royal College of Art, Kensington Gore, London SW7 2EU

ホームページ