仕事

弁護士になるための準備と学校探し

弁護士になるためには長い期間勉強する必要があります。

どこの国の誰を対象にした弁護士になるかで学ぶ学校が変わります。充分な情報収集と準備が必要なのことを踏まえて早めに準備しましょう。

弁護士の給料

平均年収 9,840,000

雇用の機会

多い

法科大学院は卒業生が仕事を見つけるために多くの情報を持っています。

大学院には同エリアの法律事務所や企業から卒業生を雇用するための説明会を定期的に行っています。

法科大学院でのアルバイトや夏の仕事は、卒業後の常勤につながることがあるので積極的に参加しましょう。成績の良い学生や、ロースクールのインターンシップに関わった学生は一流の法律事務所に採用される可能性が最も高くなります。

政府系系の職場で働くことに興味がある人は、国によって公務員試験を受ける必要があることに注意してください。

保険会社、銀行、会計事務所、製造業者などの大手企業は専任弁護士を雇用しています。インターネット上の新聞求人広告に掲載されることも多いので狙いの企業があれば常にチェックしフォローするなどして情報を得ましょう。

弁護士になるために必要な学位

法学部

ほとんどの弁護士は、法学部の学位を取得しています。

法学部の学位以外に役立つ大学のコースとして、英語、歴史、政治学、経済学、社会科学なども将来の役に立ちます。

大学卒業後にロースクール専門学校へ通う方法も多く見られます。

ロースクールの入学の際には、適性審査があり良いスコアが求められます。学生は働きたいと思っている法律の分野を専門に学ぶことが大切です。

法学部の卒業生は、自分が働きたいと思う分野の弁護士または弁護士の組織で働きながら司法試験の勉強をします。大学院卒業にすぐ司法試験に合格できるわけではないので長いスパンの計画を立てることが必要です。

弁護士の仕事

弁護士は、訴訟の準備をしている間、長時間労働を強いられることがよくあります。

個人で開業する場合は自分の仕事量をスケジュールすることができますが、法律事務所で働く弁護士には事件が割り当てられるので、決まった法廷での出廷の準備や法的文書の作成のために残業しなければならないことがよくあります。

また弁護士になってからも担当する事件や関心のある分野での新しい法律や最新の裁判所の判決などについて常に勉強して行く必要があり多くの時間を仕事に費やしていくことになります。

弁護士になるために目指す日本の大学

駿河台大学(埼玉)

國學院大學(東京)

同志社女子大学(京都)

関西大学(大阪)

東海大学(東京・神奈川・北海道・静岡・熊本)

弁護士になるために目指す世界の大学

 

世界で優秀な法学部のある大学はこちらで紹介してます。

 

世界大学ランキング【学部別】法学

 

(Visited 12 times, 1 visits today)