日本の大学の世界ランキングの順位

支援金あり!海外在住者がネット学習で日本の高校資格を取る方法

数年前からマレーシア母子留学なるものが流行り、海外のインターナショナルスクールへ通うという進路を選ぶ日本人が増えてきました。

しかし海外の学校を卒業しても日本の高校卒業資格を取ることができないため大学進学時に学校選びに困ったり、日本の学校に通わないことで日本の歴史や日本社会の経験不足や知識不足から日本人でありながら日本に馴染めず帰国後の居場所が見つからないという子供達が増えているようです。

海外に留学したとしてもいずれは日本へ帰ることになる場合、日本で子供を路頭に迷わせるわけにはいかないと悩む親御さんも多いことでしょう。

こちらでは海外在住中でもオンライン学習で日本の高校卒業資格が取れる高校を紹介します。

 

 

NHK学園高等学校

授業
  • インターネット学習
  • 年1回スクーリング(5-6日&試験)
コース
  • スタンダートコース(高校卒業資格取得)
  • 海外特科コース(日本の高等学校の科目を学びたい人)

 

スタンダートコース

  • スクーリングは月1-2回 or 年に4日間のみ
  • レポート提出はオンラインでOK

 

 

入学金・他

入学金35,000
施設設備充実費10,000
教育運営費30,000
生徒会費2,000
教材費1科目 x 2,000円
教材送料1,100
合 計78,100 + 教材費

追加授業料

世帯年収 590万円以下0
590 – 910万円172,512
910万以上288,000

※入学日が4月1日で24単位の場合

 

授業料

学納金1年(24単位)2年(26単位)3年(24単位)
授業料288,000312,000288,000
施設設備充実費10,00010,00010,000
教育運営費30,00030,00030,000
生徒会費2,0002,0002,000
合 計330,000354,000330,000

※「ネット学習海外コース」は通信費別途必要

※上記の他、教材費1科目につき2,000程度+送料がかかります。

高等学校等就学支援金の受給額

世帯年収就学支援金受給額実質負担金
590万円以下288,00042,000
590 – 910万円155,488214,512

※計算方法は一年目の学納金¥330,000円を基準に計算しています。

 

スクーリング会場は全国に40ヶ所

普段の授業はオンラインのみでOKですが、1年に一度はスクーリング授業を受けテストを受けるることが必須になっています。

スクーリング会場は全国40か所にあるので近くの学校を探せば大丈夫です。

一年に一度ぐらいは一時帰国をするでしょうし、その際についでにスクーリング授業を受ければスケジュール的にも大丈夫ではないでしょうか。

 

大学進学、就職を考えた時、やはり日本の高校卒業資格があるのとないのとではその後の人生を左右することになります。インターナショナルスクールへ進学すると世界へ将来の選択肢が増えると言われていますが、日本での選択肢は減少します。

日本の教育を受けていない、日本の基礎知識がないと日本の企業への就職は難しくなりますし、学費の面でも大学は日本の大学に進学したいと考える親御さんも多いようです。日本の大学に進学するなら日本の高校卒業資格が必須になるので大学のことまで考えていないという場合でも資格だけは取っておいても損はなさそうです。

 

学校名    NHK学園高等学校

ホームページ NHK学園高等学校