海外 大学 出願

アメリカ大学の共通願書 Common Applicationとは?

アメリカの大学に進学する際、日本のようなセンター試験はありません。

アメリカの大学に入学するためにはまず初めに大学が必要とする書類をオンラインで提出します。その書類を元に大学が総合的に判断して合否が決まります。

大学進学時に必要な書類

主な必用書類は以下です。

  • 高校の成績表
  • 英語の試験結果
  • SAT(学校による)
  • エッセイ

オンライン出願の方法

オンライン出願にはCommon Applicationと呼ばれる方法があります。

Common Applicationは共通出願という意味で、大学が必要とする書類を一括で登録提出できるオンライン出願方法です。一度の登録で複数の大学へ出願できるのでとても便利な方法です。

現在アメリカの500程の大学がCommon Applicationで出願できるようになっています。中には採用していない大学もあるのでまず初めに大学のホームぺージを確認下さい。

オンライン出願の仕方

まずはじめにアカウントを作成します。

作成後個人のページにログインするとボタンが4つあります。

  • Common-App
  • My-Colleges
  • College Search
  • Dashboard

Common Application 入力の仕方

まずはじめに基本的な情報を入力します。

  • Profile(名前、住所等のプロフィール)
  • Family(家族構成、親の学歴)
  • Education(高校の名前、勉強した科目、成績など)
  • Testing(TOEFL、SAT、IELTSなどの最終スコア)
  • Activities(部活動、習い事、ボランティアなど10個まで)
  • Common Application Essay(250語から600語程度のエッセイ)
  • Supplement Essay
Testing

オフィシャルな試験結果を各テスト機関から大学に直送してもらいます。

Activities

特に重要な項目で自分の個性をアピールすることが必要です。最大10個まで登録でき、活動内容を週に何時間や年に何週取り組んだかなどを細かく記入します。大学で継続できそうな活動は大学での継続意思も記入するといいです。

Common Application Essay

いくつかあるお題からひとつ選んで自分の価値観や性格について述べるエッセイです。実体験に基づいて失敗やチャレンジした経験から何を学んだか、その時に思ったことや感じたこと、それによりその人の価値観がわかるようなエッセイにまとめます。

Supplement Essay(My Collegesに入力)

大学が独自に出題するエッセイに自分の体験をもとに考えや意見を書きます。

文量はそれぞれ異なりますが、決められた文量でシンプルに簡潔に書くことが大切です。大学側は大量の出願書類の中からエッセイで学生を選ぶわけですからエッセイでは印象に残るような自分の人柄を伝えなくてはいけません。

エッセイは特に重要なので、何度も何度も書き直して内容を詰めていくことが必要です。大学出願のエッセイのみをサポートする塾などもあるので想定されるテーマに沿って早めに練習して用意しておきましょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)