宇宙飛行士になる方法 JAXA宇宙飛行士候補生募集要項

【日本】JAXAが宇宙飛行士候補生を募集

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、新たな宇宙飛行士の候補者を2021年12月20日から2022年3月4日にかけて募集することを発表しました。

JAXAが宇宙飛行士を募集するのは実に13年ぶり。

宇宙飛行士になるためにどうすればいいのか?今回の募集要項ではその詳細が詳しく書かれています。

職務内容は「月面での実験・研究」「月面での船外活動」とあり、候補生に選ばれたら実際に月面での活動に参加できるということです!

募集要項をチェックするとなんと学歴不要であることも判明し、夢がある募集要項となっています。理系の学歴がない方でも試験に合格すれば宇宙飛行士になれるチャンスがあります。

では、現実的に宇宙飛行士になるにはどうすればいいのか?何のスキルが必要なのかをご紹介します。

 

JAXA宇宙飛行士候補生・募集要項

職務内容

  1. 訓練業務
  2. 搭乗業務(月面での船外活動、月面での実験・研究)
  3. 技術業務
  4. アウトリーチ業務

採用人数

若干名

応募資格

  1. 3年以上の実務経験を有すること
  2. 医学的特性を有すること
  • 身長 149.5センチから190.5センチ
  • 視力遠距離視力 両眼ともに視力1.0以上
  • 色覚 正常
  • 聴覚 正常

※修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなす

応募資格がない者

  • 日本国籍を有しない者
  • 禁固以上の刑に処せられた者
  • 政府を暴力で破壊することを主張する政党、団体を結成またはこれに加入している者
  • 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している者

選考方法

2022年5月頃にまず書類審査で第0次選抜が行われ、選考に残った人には英語試験が行われます。その後、第0次選抜の一般教養試験、STEM分野試験、適正検査が行われます。

0次選抜で選ばれ残った方は次に、第一次選考に進みます。

第一次選考から第三次選考までは面接や医学的、体力的な検査が行われて月に行ける能力を検査されます。

 

応募スケジュール

2022年3月4日 応募締め切り

応募期間内にwebでエントリーシートを提出

後日、エントリーシートの原本を提出

2022年5月初旬 第0次選抜(英語試験)

2022年5月下旬 第0次選抜一般教養試験(STEM分野、小論文、適性検査エントリーシート検査)

2022年7月頃  第一次選抜(医学検査、プレゼンテーション試験)

2022年10月頃 第二次選抜(医学特性検査、面接試験)

2023年1、2月 第三次選抜(医学特性検査、運用技量試験、面接試験)

2023年2月頃  選抜結果発表

 

宇宙飛行士候補生募集・問合せ先

JAXA 宇宙飛行士候補生 募集・選抜担当

問合わせフォーム リンク

ホームページ