シンガポールの大学に留学する理由

海外の大学に進学したい!シンガポールを留学先に選ぶ理由

アジアでトップの教育が受けれる国シンガポール。

シンガポールにはインターナショナルスクールから大学まで世界でも有名な学校のアジア校がいくつも進出しています。

インターナショナルスクールや大学では英語の授業であることは当然ですが場所柄、中国語もマスターすることができることから先の将来を見据えて英語圏以外の国で活躍することも考えているグローバルファミリーの教育移住先として人気の国です。

アジアのトップ校が集まる国 シンガポール

アジアのトップ大学ベスト10にはシンガポールの大学がいくつもランクインしています。アジアの中で日本がトップだと思っている日本人は多いですが、実は1校もベスト10にランクインしていないのをご存知ですか?

アジアの国際金融市場を担っているのもシンガポール、教育を担っているのもシンガポールであることから、小さな子供の教育移住だけでなく大学生が就職先を見据えて留学先に選ぶ国としても人気急上昇しています。

多国籍の優秀な学生が集まる理由

シンガポールにはアジアの優秀な学生が集まっています。

中華系、マレー系、インド、欧米、欧州、豪州様々な国から優秀な学生が奨学金で通うことができるのが優秀な学生が集まる一つの理由になっています。

またシンガポールには世界で活躍する企業家の御曹司が有名校に通う場合も多く、世界レベルの交流が築けることそして教育レベルの高さもあり全ての教育環境が整っていることがシンガポールが選ばれる理由です。

また大学生は在学中にアルバイトもすることができるので奨学金と合わせてアルバイトをして親の負担を減らすことができます。学費の負担が少なくハイレベルな教育が受けることができるので優秀な学生に選ばれているのです。

大学生が利用できる奨学金と就労

大学生は週に16時間アルバイトをすることが許可されています。

奨学金は学校が募集しているものと国が行うもの複数あります。

大学卒業後の就職活動に繋がる奨学金制度

大学生が留学先の国を選ぶ際に大きな割合を占めるのが卒業後の就職に関することです。

シンガポールは世界トップ企業が多くあることから、卒業後の進路を見据えて留学先に選ばれています。

また外国人留学生が利用できる教育省の制度を利用すれば、卒業に3年間シンガポールで働くことができます。この制度を利用すると就職活動が有利になることに加え、大学の学費も約半額にすることができます。

就労経験と授業料免除の両方が利用できれば、滞在費用を抑えることだけでなく学生は長期的なプランを考えることができます。

海外の大学へ通っても就労先が決まらず帰国することは多いので、奨学金を利用できる可能性がある人はぜひチャレンジしてみましょう。

シンガポールを代表する大学と学部

シンガポールを代表する大学と言えばシンガポール国立大学。

アジア第1位の大学で、社会学、人文学、ビジネス、法学、コンピューター学、医学、歯学、衛生学などが有名です。

また理系の大学として有名な南洋理工大学もあり、こちらは理学、工学、情報工学が有名です。

シンガポールの大学に出願する方法

シンガポールの大学はアメリカと同じオンラインの出願方法を取っています。

大学の開始時期は9月ですので、高校3年生の後期に出願して卒業後の9月からシンガポールで大学生活をスタートすることができます。

大学入学時の英語レベルと要件

シンガポールの大学は英語で授業が行われます。

出願するには英語スコアをクリアしている必要がありますので、高校の勉強と合わせて対策が必要です。必要なスコアは学校学部により異なりますが、平均して以下です。

TOEFL ibt  93点以上

IELTS  6.5以上

SAT 600点以上

IB-DP 30点以上

必要な学費

学部により異なり、寮に入るかどうかで大きく変わりますが平均して以下ぐらいです。

年間学費 250万から350万

生活費 150万から200万ぐらい

大学の場合は寮に入ることができれば安くなりますが、インターナショナルスクールの寮費は学費同等で高いです。

また食費はホーカーなどのフードコートを利用すればかなり安く抑えることも可能です。

食費と住居費は最高級ハイレベルクラスが存在し、上を見ればきりがありません。最高級の食材を使った高級料理店をはじめ高級デパート利用すれば生活レベルは高額なものになりますが、路地裏のホーカーや地元の人が暮らす地域で暮らせば多少は安く抑えられます。

世界トップレベルの環境を見る機会も路地裏の人達の生活を見ることも様々な国と環境が共存する世界の中で学ぶことは良い経験になるでしょう。