海外留学専門用語日本で英語の学士が取得できる大学

【日本】明治大学テンプル大学と単位互換協定スタート

明治大学とテンプル大学ジャパンキャンパスは2022年8月から明治大学の学生が日本在学中に米国式の授業を受講可能となる、単位互換協定を改定して結びました。

これまで明治大学は文学部の学生のみが単位互換協定を締結していましたが、今回の協定見直しにより明治大学全学部の学生が利用できるようになります。

 

明治大学は学生の60%を海外からきた学生が占めており、交換留学を見据えより国際的な環境で学習をすることで英語力向上や帰国後の英語力の維持に役立つことが期待されています。

 

単位互換制度を利用することでテンプル大学ジャパンキャンパスの授業料が免除され、テンプル大学で修得した単位は明治大学で認定されるようになります。

テンプル大学ジャパン大学はDual Degree制度を導入しており、この制度を利用すると明治大学とテンプル大学両大学の学士、修士号をWで修得することが可能です。

 

各学部により所定条件がありますが、明治大学の全ての学生が利用できるということはかなり大きな利点です。

今回の締結によって、これから大学進学を目指す高校生、将来留学を目指す学生にとっては大学選びの選択肢が変わってくるかもしれません。今後の両大学に注目したいと思います。

 

こちらもよく読まれてます

【日本】テンプル大学の学費免除でアメリカ留学もできる奨学金制度が新設

【日本】テンプル大学 学部・大学院課程