IB 国際バカロレアとは?

IBとはInternational Baccalaureateの略。
1968年にスイスのジュネーブで設立された非営利団体が管理する教育プログラム。世界の様々な国で学ぶインターナショナルスクール卒業生が大学進学時に能力をIBのスコアで判定することができるものです。IBスコアを入学資格に取り入れている大学で指定されたスコアをクリアすれば世界どこの大学へも入学資格が与えられます。

IBの教育方針

探求する人、知識のある人、考える人、コミュニケーションができる人、信念を持つ人、心を開く人、思いやりのある人、挑戦する人、バランスの取れる人、振り返りができる人。

IBプログラムの種類

IB教育は小学校から高校卒業まで大きくわけて3つに分かれています。

  • PYP – 小学校期
  • MYP – 中学校期
  • IBDP – 大学入学前

PYPプログラム

PYPとはPrimary years programmeの略。
3才から12才までを対象にした教育プログラムで、主に知力、体力、精神力のバランスが取れた人間をめざすことを教育課程としています。
IB(国際バカロレア)の基礎となる教育で日本の幼稚園、小学校にあたる年齢に基礎の学力をつけることが目的でPYPは英語に限らず母国語で受けることができます。

MYPプログラム

MYPとはmiddle years programmeの略。
11才から16才を対象とした5年間の教育課程。
日本の小学6年生から高校1年生にあたる年に受ける教育で学校によっては4年間で受ける場合もあります。
各教科を学びながら実社会との繋がりを理解することを目的とし大学入学前のDP(ディプロマ)の基礎学習として位置づけられます。

DPプログラム

DPとはDiploma programmeの略。
16才から19才を対象とした2年間の教育課程。
日本でいうところの高校2、3年生にあたり大学入学前の準備コースになります。
全部で6教科プラス課題論文、知の倫理、課外活動が必修です。

IBプログラムの最終学年でDP(ディプロマ)認定の試験を受けます。

IB-DP試験のスコア点数目安

45点満点で24点以上でIB(国際バカロレア)の終了資格と言われる成績証明書がもらえます。

不合格になった場合は19才まで再受験が可能です。また24点以上のスコアを取ったけどもっと高得点を取りたいという場合も19才まで再試験を受ける事ができます。

DP認定終了資格の点数によって入学できる大学が選定されます。IB DP(ディプロマ)のスコアがあればどこの大学でも入学許可がでる訳ではありません。
DPの点数によって入学エントリーできる大学が決まります。例えば〇〇大学はIBスコア42点以上や〇〇大学はIB38点以上など入学資格の点数が決まっています。海外の大学に留学したい場合は希望する大学の入学資格のIB点数を確認しておきましょう。目安として38点以上取ることができれば海外の有名大学に申請できるレベルです。アメリカのハーバード大学のみ更に高得点者にしか申請資格がなく点数はIBDP40点以上になります。

日本の高校で行われるIBDPの注意点

英語を母国語としない日本人が日本の学校でIB DP(ディプロマ)の修了資格を取得してもすぐに海外の大学に入学できるわけではありません。
IBDPの修了資格を持っていても大学入学前にプレイディクド・グレートと呼ばれる予想スコアを各教科の先生から受け取り進学を希望する大学に送って審査を受けます。それに加え母国語を英語としない場合は(英語Bの修了資格)場合はSATもしくはTOEFLの試験結果を提出する必要があります。